手作りキャットタワー!?プリンをイメージしたお城

はじめまして!ピエロのnightです🌙

 

ボクはDIYが大好きで暇さえあればいつもなにか作っていますw

なので最初の記事はボクが1番最初に猫ちゃんのために作った作品を紹介していきます! 

キャットタワー?キャットハウス?それともキャットキャッスル?

 

こちらです!!!

f:id:nightclown:20201208023039j:plain

左右は6角形の塔をイメージし

左側は棚 右側は上り下りできるようにして

真ん中はくつろぎのスペースとしてみました

 

 

なぜプリン風にしたかというと、、、ポムポムプリンが好きだからです🍮

テレビ台もプリン風に作ってありますので並べて見ると部屋に対しての威圧感が!!

f:id:nightclown:20201208033102j:plain

ムファサはどーこだ?

 

YouTubeに前編と後編に分けて制作過程の動画を投稿していますので

よかったらみてみてください♪

制作時はムファサをお迎えしてからすぐ(生後2ヶ月頃)だったので貴重な子猫時代の姿がみられますニャ🦁 

前編 

 

 

ではお城の紹介をしていきますね!

頼んだぜムファサ!

f:id:nightclown:20201208032832j:plain

この目線、、、テレビ見てますw

 

真ん中一番下はベッドスペース

天井には爪とぎも取り付けてます

f:id:nightclown:20201208033505j:plain

 

 

真ん中の真ん中は爪とぎベッドスペース

左側の棚と右側の塔に繋がっています 

f:id:nightclown:20201208033852j:plain

制作途中  バブムファサ

 

 

このひょっこり感が可愛い ムファサには少し狭かったかな?

f:id:nightclown:20201208034127j:plain

 

 

後ろ側から見ると はみ出てる。。。。

f:id:nightclown:20201208034328j:plain

 

 

そして1番上のスペース!がおー🦁

f:id:nightclown:20201208035511j:plain
かっこいいぜムファサ

こんな感じで満遍なく使ってくれてます

ありがとうムファサ!

 

 

そして作ってから約1年が経ち、、、サラビが新しい家族になりました!

お城はキャットケージの役割もはたしてくれました

f:id:nightclown:20201208025208j:plain

かわゆす!

 

 

ムファサがサラビを受け入れてくれるか不安だったけど

気が付けば兄と妹に、、新しい家族になっていました!

ムファサに感謝ですね!!

 

今ではムファサとサラビのお城になっています

f:id:nightclown:20201208024437j:plain

 

 

サラビもムファサと同じように満遍なく使ってくれてます

f:id:nightclown:20201208035905j:plain

 

右側の塔は上り下り用なのにサラビだとこのスペースでもおねんね

f:id:nightclown:20201208040036j:plain

なんて可愛いバブなんだ

 

ふたりとも後ろに写り込んでるの可愛い

右側の写真も見えづらいですが後ろにサラビがいるニャ

f:id:nightclown:20201208040753j:plain

まるでトムとジェリーのように走り回って

喧嘩したり、一緒にご飯を食べて、一緒に寝て、、、

毎日とても楽しそう!

f:id:nightclown:20201208025839j:plain

 

本当に作ってよかった!!

他にも猫DIYしている作品もまだまだあるので

また記事にしていきたいと思います

ちなみにDIY作品はYouTubeに全部投稿しています(宣伝)

 

でもせっかくなのでブログには今まで投稿していない写真をなるべく

使っていきたいと思ってます!

 

ブログをはじめたきっかけも もっとたくさんの人に

ムファサとサラビの日常やDIY作品をみて欲しいなと思ったので、、

あとたまにボクの趣味も投稿していきます、、、誰か共感してくれれば嬉しいです🤡

 

なので是非チャンネルにも遊びに来てください!!

チャンネル登録していただけたら嬉しいです♪

 

 

そしてライオンニャンズの日常のチャンネルも作りました

DIYやムファサとサラビの日常を投稿していきますので

ぜひチャンネル登録などしていただけたら嬉しいです

よろしくお願いします

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・